ホームページ > ニュース > 業界ニュース >

ごはんから作られたストローを見たことがありますか?

ごはんから作られたストローを見たことがありますか?
発表時間:2020-01-07
ごはんから作られたストローを見たことがありますか?
現在、環境保護の問題はさまざまな国から広く注目されています。メディアの報道によると、韓国は今年8月にプラスチック禁止の試験を開始しました。プラスチック製のストローを置き換えるために、スパンツリーは、米とタピオカ粉を原料として使用して、直接食べることができる稲わらを開発しました。このストローの月間生産量は約3億に達していることがわかります。

外観の観点から見ると、 稲わらは通常のプラスチック製わらと大差ありません。稲わらの開発者によると、わらに使用される原料の70%は米と30%のキャッサバです。キャッサバは、パールミルクティーで真珠を作るために使用される原料です。キャッサバは主にわらを強くて丈夫にするために使用され、表面は滑らかです。この稲わらはお湯に3時間以上浸すことができ、冷水に長時間浸すことができると言われています。味から判断すると、このstrawは米飯とほぼ同じくらい硬い。

生産プロセスは複雑ではないため、月間生産量は約3億個に増加しました。したがって、このストローはネチズンの注目を集めています。多くのネチズンは、積極的にそれを促進しようとする意欲を表明しています。一部のネチズンは、このストローを使用したときに何が起こるかについて考えました。飲み物が終了せず、ストローがすでに私に食べられているのではないかと心配しています。

どう?試してみたいですか?それからスパンツリーに来てください